Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?

【評価】
ママ受け度:★★★★★
子供受け度:★★★★★
オススメ度:★★★★★

【感想】
はらぺこあおむしで有名なエリックカールの絵本です。
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? と一緒に持っていたい一冊です。
これも同じようなリズムで歌うように読めます。
子供も次はどんな動物が出てくるのか覚えて、次は何だっけ?と当てながら読んでいました。
大した意味は無いのですが、リズムが心地よい絵本です。

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

【評価】
ママ受け度:★★★★★
子供受け度:★★★★★
オススメ度:★★★★★

【感想】
リズムが心地良くて歌うように読めます。
子供もフレーズを覚えて段々と一緒に読めるようになりました。
3、4歳まで楽しめました。
エリックカールの絵も素敵です。

Big Beanie’s Bed

【評価】
ママ受け度:★★★★★
子供受け度:★★★★★
オススメ度:★★★★★

【感想】
そらまめくんのベッドはそらまめくんの宝物。
だから豆友達に貸してあげません。
ある日そらまめくんのベッドが行方不明に。。。
お友達を思いやる心の大切さを教えてくれる本です。
大きい小さい、薄い、硬いなど形状の勉強にもなります。
娘もは大好きで日本語版も持っています。

 

【日本語版】

The Very Hungry Caterpillar

娘もこの本のおかげで蝶は青虫だったという事を知りました。
繰り返しのリズムが良く、特に爆笑という訳ではありませんが、ほのぼの気分にさせてくれます。絵も可愛くて、青虫が食べたところに穴が開いているので、むしゃむしゃと言いながら指を突っ込んで遊んでいました。
曜日や食べ物などの普段使う単語を覚えられていいです。